はじめて女性用性感マッサージを体験した私は、
これまで否定的だった性への感情が真逆になり、すごく肯定的に捉えられるようになったんです。
きっかけは、あまり性的な経験もないまま結婚し、出産。
子育てに没頭しているうちに気付けばセックスレス早3年。
レスの事を相談したカウンセラーに紹介され、半信半疑で行ってみたんです。
施術して下さったのは、優しそうな感じ、多分30代後半の細マッチョな男性でした。
ちょっと気恥ずかしい感じもしましたが、最初は普通のマッサージのような感覚でした。
よい香りのオイルを全身にまんべんなく塗られ背中から程よい力加減で押していただきました。
小さめのビキニを着用していたのですが、オイルが全身にいきわたる頃には上半身を起こされて、
先生が後ろから首筋、肩、デコルテとイヤらしい手つきで撫でて行きます。
多分上から見たら乳首も見えてしまうだろうなーと思うと恥ずかしくて余計に感じてしまいます。
先生はわざと耳元で、「どうですか?気持ちいいところがあったら遠慮なく言って下さいね。」なんて言ってきます。
私は声をこらえるのが精いっぱいでした。
先生の胸に背中を預ける格好で、今度は足をM字開脚させられちゃいました。
恥ずかしくて両手で隠そうとすると、先生は、「だめですよ、こうしたほうがオイルが行き渡りやすいので」と、
けっこう強めに私の両手を掴んできました。
そして、脚の付け根あたりにもオイルをたっぷりと垂らしてきます。
ついに私も「ああっ」と、オイルが垂れるのに合わせて声が漏れてしまいました。
そしてビキニの上から恥骨の当たりを何度もマッサージされているうちに、
まだ触られてもいないのにイキそうな気分になってきちゃいました。
そのまま我慢していたのですが、先生がわきの下からおっぱいをマッサージし始めたとたん、
それまで我慢していたものがついにあふれてしまい、「ダメっ、出ちゃう!!」といったとたんにはじめての潮吹きをして、
おっぱいのマッサージだけでついにイカされてしまったのです。
これには先生も呆れていました。
時間切れなのと、私が満足したので終了となりましたが、あのまま先へ進んでいたらどうなっていた事か??
それ以来、こんな快感があるのか!と夫とのレスなんてどうでもよくなり通っています。